会社案内COMPANY

HOME > 会社案内

日本シーレーク株式会社は、
社会資産の保全と創造に貢献します。

弊社は昭和37年創業以来、非破壊検査技術を用いて多数の工業設備、製品の保全業務に携わってまいりました。いずれの技術もそうであるように、非破壊検査技術も多種多様な新技術が開発されてきました。その新技術と弊社独自の技術を融合させるべく、日夜研さんに励み今日に至っています。その成果として産業界の安全に幾ばくかの貢献ができたものと自負しております。

また最近では、道路、鉄道等が建設されてからかなりの年月が経過し、老朽化が進んでいるといわれ、インフラに対する安全、安心のよりどころとして非破壊検査技術の応用による定量的評価が期待されています。私たちはその期待に添うよう、更なる技術の向上と検査設備の充実に努め、全社一丸となって努力する所存でございます。
これからも世の中の不安を少しでも取り除き、より良き社会を築く企業として邁進してまいります。

代表取締役社長 福馬 勝洋

社是

会社概要

名称 日本シーレーク株式会社
NIHON SEALAKE CO., LTD.
住所 〒731-3169
広島市安佐南区伴西一丁目6番11号
TEL:(082)849-5900
FAX:(082)849-5912
資本金 10,000千円
代表者 代表取締役社長 福馬 勝洋
従業員数 210名(役員・臨時社員除く) 1月1日 現在
設立 1962年(昭和37年)10月22日
認定資格 一般社団法人 日本溶接協会(WES-8701)CIW
一般社団法人 日本非破壊検査協会
ISO9001認証
米国非破壊検査協会
ノルウェー船級協会
一般財団法人 日本海事協会
アメリカ船級協会
放射性同位元素等使用許可 文部科学省第4418号
公益社団法人 日本鉄筋継手協会
取引銀行 広島銀行西風新都支店
山陰合同銀行広島西支店
四国銀行広島支店
三菱東京UFJ銀行広島中央支店
関係団体 一般社団法人 日本非破壊検査協会
一般社団法人 日本非破壊検査工業会
一般財団法人 全国危険物安全協会
関連会社 中外テクノス株式会社

沿革

昭和37年
1962年
10月 広島市幟町1番地に於いて非破壊検査業務を開始
昭和42年
1967年
4月 三原事業所(現東部支店)を三原市に開設
昭和43年
1968年
4月 徳山事業所(現西部支店)を徳山市に開設
昭和44年
1969年
4月 九州出張所(現九州営業所)を北九州市に開設
昭和45年
1970年
4月 岩国営業所(現岩国支店)を岩国市に開設
昭和46年
1971年
8月 志和工場(放射性同位元素格納庫及び検査工場)を東広島市に設置
昭和49年
1974年
8月 事業部門の拡充に伴い本社を広島市祇園町大字長束1289-4に移転
昭和50年
1975年
5月 水島出張所(現岡山支店)を倉敷市に開設
昭和56年
1981年
11月 広島市に中央支店を開設
昭和58年
1983年
4月 宇部出張所(現宇部営業所)を宇部市に開設
昭和59年
1984年
5月 放射性同位元素格納庫及び検査工場を千葉出張所に設置
昭和61年
1986年
9月 本社社屋を安佐南区祇園一丁目20番11-8号に新築移転
昭和62年
1987年
8月 コンクリート構造物の調査業務を開始
平成4年
1992年
5月
6月
日本シーレーク株式会社を設立し、非破壊検査工業㈱の業務を移管
中部営業所(現中部支店)を名古屋市に開設
平成15年
2003年
12月 中部支店を知多郡阿久比町に移転
平成18年
2006年
2月
4月
九州営業所を北九州市小倉北区へ移転
岩国営業所を岩国支店へ昇格
平成20年
2008年
3月 岡山営業所を岡山支店へ昇格
平成22年
2010年
3月 本社・中央支店を広島市安佐南区伴西一丁目6番11号に新築移転
平成23年
2011年
3月 新潟営業所を新潟市東区に開設
平成24年
2012年
10月 創立50周年
平成26年
2014年
3月 岡山支店を倉敷市水島西千鳥町1番51号に移転
平成27年
2015年
3月 宇部営業所を宇部市南浜町一丁目6番11号に移転
平成28年
2016年
3月 新潟出張所を新潟市北区松浜町3500 三菱ガス化学(株)内に移転